福岡で自然素材の注文住宅をお考えなら、木の家づくりの【未来工房】へ
未来工房村へようこそ 未来工房村へログイン


【ギャラリー建築日記vol.3】100年後も、そこにある建物を。②

2017.09.27 ギャラリー建築日誌

【 地域工務店の役割って何だろう? 】

私たち未来工房は、住む人を真ん中に、
心豊かに、それぞれの暮らしを長く刻むことのできる家づくりを、
試行錯誤しながらも、一棟一棟丁寧に続けてきました。


それは、住む人にとっても作り手にとっても、実は少々骨の折れる作業が必要です。

住む人の想いや願い、子どもの頃好きだったもの、

過去・現在・未来をも見据え、たくさんの選択肢の中から一つずつ取捨選択を繰り返す・・・




そんな唯一無二の家づくりを繰り返し、ありがたいことに、

作り手である私たちの想像を超える程の豊かな暮らしを、たくさん見てきました。

家づくりとは、住まい手にとってその後の人生の彩りを左右する、ものすごく大きなできごと。

改めて、住まい人の皆さまに教えていただきました。


「家」は、ただ「住む」のではなく「豊かに生きる」ための場でなくてはならない。
それを、次世代にわたって、作り続け、守り続けることが、地域工務店としての大事な役割。

もっといえば、『地域に密着し、地域を豊かにする』。
その「地域」を、豊かで、安心して未来を描くことのできる、
活気に満ちたまちづくりの一端を担うこと。
未来工房にはそんな役割があるのではないか、そう考えるようになりました。



だからこそ、今回の「ギャラリー」。

大工、左官、建具・・・代々継承された技術で、施工され、
地域の人々のコミュニティの風景となり、記憶に残り、やがて文化になる建物を。

家づくりと同じように、地域の過去・今・未来を見据え、
地域の方に、ずっとそこに「あってほしい」と思ってもらえる、
いつも使っているように「使い続けたい」と思ってもらえる建物を。
100年後も、そこにある建物を。



地域の一工務店でしかない未来工房が、どれだけのことをできるのか・・
でも、「豊かな暮らしの場をつくる」と掲げている工務店である以上、
私たちには、コミュニティの中で継承される建物をつくる責任があるはず。


そんな考えのもと始まった、ギャラリー建築。

たくさん見た素材や建物を、昇華させることができた建物になったのか。
その答えは、まだこれからです。