福岡で自然素材の注文住宅をお考えなら、木の家づくりの【未来工房】へ
未来工房村へようこそ 未来工房村へログイン


【ギャラリー建築日記vol.3】100年後も、そこにある建物を。①

2017.09.27 ギャラリー建築日誌

ずっと、その場所に、在り続けるということ。

それを実現する建物とは、どんなものだろう?

今回、このギャラリーを設計するにあたって、
ものすごくたくさんのことを考え、調べ、いろんな建物・町・素材を見に行きました。


同じ、チルチンびと地域主義工務店に属する、京都の工務店の家。



伊万里、まちのサナーレ。



京都、恵文社一乗寺店。



滋賀、ラコリーナ近江八幡。


素材もたくさん見に行きました。



栃木には、大谷石を。



こちらは、八女の製材所。

製材所も、いくつも見に行きました。




どこかで出会った木レンガ。




JR九州「ななつぼし」にも使われている、大川の組子。



その他、数え切れないほどの建物や材料、職人さんたちに出会いました。

改めて自分たちの家づくりを振り返って、さらにこれから目指すことは何だろう?

長くなるので、次回に続きます。