福岡で自然素材の注文住宅をお考えなら、木の家づくりの【未来工房】へ
未来工房村へようこそ 未来工房村へログイン


現場の力と、
住み心地の関係。

職人と二人三脚。
丈夫な家をつくりあげる。

無垢の木をはじめ様々な自然素材を用いた家づくり。しかし、自然素材は工業製品のように均一化されたものとは異なりひとつひとつの材料にくせも個性もあります。その特徴を熟知した職人の技術と、手間と時間をかけて初めて、その良さを発揮できます。

その家づくりの重要な一翼を担う
大工の棟梁。

「無垢の木の家」づくりを熟知し、いかに美しく、住みよく仕上げるために、棟梁は知恵を絞り、日々技を磨きつくりあげます。土台敷きから始まり、柱や梁など大きな材を組み上げ、棚や手摺りなどの細部にまで及ぶ手仕事は積み重ねた経験と技、感性が不可欠です。

そして何より、
建築中にしか
見ることができないこと
それは、完成しては、
決して変えられないこと

完成すると決して変えることができない、床下や壁の中。 その素材や構造は、家の寿命や住み心地、構造躯体の強さに大きく関わる大切なことです。
だからこそ、しっかり見極めてほしい「現場の力」。 家を建てるなら、住宅展示場と完成した家だけでなく、建築現場も見るべきと、未来工房は考えます。そしてそれは、一つの会社だけではなく、多くの会社の建築現場を、工法や材料など比較しながら見て回る、「建築現場めぐり」をお勧めしています。使っている木材の大きさや量、現場は整理されているか、壁の中や床下のつくり、そして、たくさんの職人たちの仕事ぶりや想いなど、 “建築中”にしか見ることができないところを、是非見てほしい。

まずは、建ててからでは決して変えることのできないものを比較して、しっかり見極めることが大事です。未来工房では、建築現場の見学会をいつでも受け付けています。

小さな力のある工務店

未来工房は、設立当初から地元密着、"小さな力のある工務店"を目指してきましたそれもつくり手側からの理論ではなく、住み手側からの論理による"小さな力のある工務店"という考えです。
甘え構造を徹底してなくし、現場監督や大工の棟梁、家づくりに関わるすべての職人が、「一棟入魂」の思いで家をつくっています。

現場の力

未来工房の家は、いわゆる建築家の作品ではありません。
しかし、すべての職人たちが日々心を配って作る家だから、 住む人にとって、いちばん居心地が良くていちばん好きな場所となるのです。