福岡で自然素材の注文住宅をお考えなら、木の家づくりの【未来工房】へ
未来工房村へようこそ 未来工房村へログイン


いま、家の素材とつくりかたを見直そう

何を基準に家を選びますか

家を建てるなら、心地よくて健康に暮らせる家がいい。それが、愛着の持てる長持ちする家なら、もっといい。「家を」考えれば、実に当たり前のことです。これからずっと家族が暮らす場所。
「家」とは、単なる「モノ」ではありません。

便利さ以上に、身体が感じる心地よさと、心も満足する「いつもの暮らし」ができること。家族の思い出を積み重ね、住み継ぐことができる丈夫な家であること。
これらは、建築してからでは決して変えることのできない「素材」と「つくりかた」に大きく関わっています。

未来工房の家の、
素材とつくりかたについて。

実は性能だけではありません。「自然素材であればいい」だけでもありません。住む人の心も身体も満足できる家のために、バウビオロギーの考え方に基づいて、湿度や断熱、色やデザイン、初期投資と長期的維持管理のコストバランスを考える・・・その上で本物の自然素材を使うこと。

だから未来工房では、それら素材ひとつひとつの性質はもちろんですが、さらにどうすればその性質が最大限発揮され、家の強さ・寿命・住み心地に寄与できるか?という点に照らして、素材どうしの「組み合わせ」と、その素材を使った家の「つくりかた」を選んでいます。

特に自然素材は、均一な工業製品と異なり、くせも個性もあります。しかし、長所を活かせば、家の強さ・寿命・住み心地において、工業製品に劣らない、むしろそれ以上の力を発揮するのです。もちろんすべての機械や工業製品を不要としているわけではありません。
大事なのは、人が快適に暮らすことができること。
断熱や蓄熱、省エネなどの現代の工夫や技術と、気候風土を知る先人の知恵とで、強い構造躯体と住み心地のよい長持ちする住まいをつくるため、私たちは日々学び家づくりに取り組んでいます。

住み心地のよく長持ちする家とは?

無垢の木の家

家は、単なる「モノ」ではありません。
便利さ以上に、身体が感じる心地よさと、心も満足する「暮らし」ができること。
家族の思い出を積み重ね、何代も住み継げる持続可能な丈夫な家であることであると
未来工房は考えています。