新型コロナウイルス感染拡大防止策実施について
福岡で自然素材の注文住宅をお考えなら、木の家づくりの【未来工房】へ


サステナブルの形
未来へつなぐということ

3.それぞれの豊かな日常をつくる

「未来が待っている」とよく耳にします。待っていれば、明日も、一年後も、十年後も、きっとやってきます。ですが、こうあってほしい、と思える未来は、勝手にできあがるものではありません。自分で選んだ「モノ」や「コト」が未来をつくっていくのです。大げさなことではありません。明日の元気のために夕飯をつくる、2年後の冬に向けた薪づくり、10年後の木陰のために木を植える、20年後の子どもたちに残したいもの‥

目の前の楽しさだけでなく、次世代へつながる「今」を大切に暮らしているかを、私たちは今、問われています。

少し、日本の山の話を
九州の木で、九州の家をつくる

→「やかまし村のギャラリー」へ