新型コロナウイルス感染拡大防止策実施について
福岡で自然素材の注文住宅をお考えなら、木の家づくりの【未来工房】へ


庭から手作り「さくらんぼジャム」

2020.05.07 日々日ごろ雑記帳


スタッフの田島です。

我が家の庭のさくらんぼの木が、今年もたくさんの実をつけました。

昨年、伸び放題の枝を剪定したので収穫量は減りましたが豊作。(写真の3倍くらい取れました)

苗木から15年。花が咲き、実をつけるまで5年くらいかかりましたが、今ではジャムづくりがゴールデンウィークの恒例行事です。


【材 料】

・さくらんぼ

・砂糖(きび砂糖)

・レモン


【作り方】(分量はお好みで)

①さくらんぼをよく洗い、箸の先を使って種を取り出す。種は煮詰めるときに使うのでとっておく。

②さくらんぼをボールに入れ、さくらんぼの重さの4割程度の砂糖を入れ混ぜる。種は後から取り出しやすいようにお茶のパックなどに入れておく。

③しばらく置いておくと、さくらんぼから水分がでてくるので鍋に種と一緒に入れ、レモンを絞る。



④沸騰したらアクを取り、中〜弱火で煮詰めていき、好きなとろみ加減で火をとめる。

⑥煮沸した瓶にいれて完成。


あまり煮詰めず、とろーっとした感じにしてみました。

今年は熟れた実で作ったので甘くなりましたが、三日くらい早く収穫すると甘酸っぱい仕上がりに。

どんな出来でも、毎年あっというまになくなってしまいます。