新型コロナウィルス感染症に関する対応及び、久留米・福岡・佐賀展示場 通常営業開始のお知らせ
福岡で自然素材の注文住宅をお考えなら、木の家づくりの【未来工房】へ


ごはんの種をまく日々

2020.05.11 日々日ごろ雑記帳

ここ数か月、家で過ごす時間がぐっと増えた方も多いのではないでしょうか?

家にいる時間が増えると、自ずと家でごはんを食べるようになる。

普段は手早く食べることを1番に考えてしまうのですが、

少しだけ丁寧に料理をするようになって、自分が食いしん坊だったことを思い出しました。

そして食いしん坊で思い出すのは、料理研究家の渡辺貴子さんのこと。


〝おいしものが食べたい!〟行き着いた先は、手間ひまをかけた、誰かに食べさせたい、次の世代に遺したいと思える、手料理。手間ひまの中に豊かさが生まれ、料理を通して人との交流が生まれる。
 人の生きる力が育まれるような、そんな手料理を追求しているという渡辺さん。「それが日常であってほしい」と語る。      (未来工房通信「ごはんの種をまく日々」より)

続きはこちら↓

この時期だからしょうがなく、ではなく、せっかく思い出した食べることの楽しさや料理の面白さを、

これからも感じ続けていきたいと思えるお話でした。


その他にも未来工房通信のページでは、これまでの未来工房通信や

やかまし村のギャラリーで展示した際の取材記事を再編集してお届けしています。

是非ご覧ください。