九州豪雨被害に関するお知らせ
福岡で自然素材の注文住宅をお考えなら、木の家づくりの【未来工房】へ


《わたしの部屋》の作り方①

2020.05.31 暮らしの知恵

4月に5回にわたってお届けした「《わたしの台所》の作り方」に続いて、

今回から《わたしの部屋》の作り方をお届けいたします!


なんとなく気分を変えたい、飽きてきた、あんな素敵な部屋にしたい。

そんな様々な理由で模様替えを決意しても、さてどこから始めれば良いのか。

その時ときめいたもので部屋づくりを始めても、

結局まとまりのない部屋になった経験は、誰しもあるのではないでしょうか?

少しでも《わたしの部屋》を素敵にするために、一緒に考えていきましょう。


まずはじめに、今の自分の部屋を見渡してみましょう。

現状をしっかり確認したら、雑誌やインターネットの写真などから、

部屋に取り入れたいイメージを集めていきます。

その気に入ったもののどこを「好き」だと感じたのか?

色、柄、形、デザインなど共通点はありませんか?

深く考えずに選んでいることも多いですが、共通点を探すことで

《わたしの部屋》の軸が決まっていきます。


次に、生活の癖や習慣を考えること。

特に苦手なことを書き出しておくと、家具の配置や収納の形を選ぶときに

見た目の「好き」だけで選択することがなくなります。

たとえば使っていく中ですぐにあれこれごちゃごちゃになって

雑然としてしまうのが嫌な人は、

スペースを余計に割いてでも、細かく整理できるものを選んだり、

反対に毎回細かくしまうのが面倒でつい出しっぱなしにしてしまう人は、

ざっくり分けでもすぐにしまえる収納を選ぶ、などでしょうか。

苦手なことを無理に頑張り続けるのはなかなか難しいことです。

その必要のない気持ちよく過ごせる部屋にしたいですよね。


まずは自身の趣味嗜好や、生活を知ることが第一歩です。

好きなことが分かれば、頑張らずとも私自身のスタイルがてきていきます。

快適で居心地の良い部屋とは、好きなものに囲まれていながら、生活もしやすい部屋であること。

頑張りすぎた部屋では毎日の暮らしが億劫になってくるかもしれません。

「〇〇風」などに囚われすぎず、わたし自身の好みのものを取り入れて快適な空間を作っていきましょう。



(インテリアコーディネーター 松延)