福岡で自然素材の注文住宅をお考えなら、
木の家づくりの【未来工房】へ

インターンシップを開催しました!

2022.08.05 お知らせ

はじめまして、今年 4 月に入社したインテリアコーディネーターの安野です。

今回担当させていただいたインターンシップについて、ご紹介します!


7/7(木)、7/8(金)の2日間に渡り、工業高校の生徒さん2名へのインターンシップを行いました。

まずは木の家アドバイザーのスタッフから、私たちがどういった考えで家づくりをしているのか、

国産材を使う理由、素材の話など、展示場をまわりながら説明を聞いていただきました。

羊毛の断熱材、ガレージと漆喰の外壁、合板と無垢の木の違いを触りながら体感してもらったところ、

やわらかい! 冷たい! さらさらしてる!と素直に反応してくれました。


未来工房について知っていただいたところで、

「インテリアコーディネーターになり、お客様に提案をしよう!」というワークを行いました。

私も参加し、3 人で取り組みました。


まずは、実際のお客様にも書いていただいている、ヒアリングシートというものを記入していきました。

お家ではどこで過ごすことが多いのか、何をしている時が楽しいのか、

こういうのがあったらいいなあと思うもの、などなど、

自分自身の暮らしを振り返りながら、そしてこれからどんな風に暮らしたいのかじっくり考えている様子でした。

書き終えたあとは、それぞれ担当を決めてお互いのシートを交換し、提案する上で必要な情報をヒアリングします。

好きな色に書いてある、くすんだ色はこんな色ですか?

こういった雰囲気はお好きですか?

と、雑誌や本を見せながらイメージを共有していきました。


午後は、ワークの題材となっている建築現場を含め、2つの現場を見学しました。

担当する大工さんから、造作家具をつくる上での大変なことやこのお家ならではの特徴などを話してもらいました。

図面を持って現場に行くのは初めてだったようでしたが、自分なりに未来工房の家を体感しているように見えました。


2 日目は、ワークの続きを行いました。

ヒアリングをもとに、クロス、照明、インテリア、カーテンなど、

雑誌の切り抜きを 1 枚の用紙にたくさん貼りつけ、プレゼンボードをつくり上げていきます。

あっという間に時間が過ぎ、いざプレゼン!

緊張しながらも、こだわりポイントや考えたことを伝えながら提案できていたと思います。

また、相手のことをよく考えられた素敵なプレゼンシートになっていました。



ワークを通して、私自身もお客様とコーディネーターそれぞれの難しさに気づきました。

お客様が本当に好んでいるものは?もっと質問したいけれど、会話の中からも見つけたいな、、、

自分の好きな雰囲気ってどんなものだろう?なんとなくは想像できるけど、言葉で伝えにくいな、、、

こういった気づきを大切に、立派なコーディネーターになれるよう頑張りたいと思います。


何よりも、参加した生徒さんから楽しく学ぶことができたと言っていただけたことが本当に良かったです!

この 2 日間で得たものを、これからの学びに活かしていただけると嬉しいです(^^)/