福岡で自然素材の注文住宅をお考えなら、
木の家づくりの【未来工房】へ

未来工房とは

私たち未来工房は、いつもの暮らしを、生きていることそのものを幸せだと思えることこそが、本当の豊かさだと考え、家づくりをしています。そんな豊かさは、石油化学の工業製品で作られる家ではなく、やはり、住む「人」のことを思って、「できるだけ自然のもの」と「人の手」でつくる家で生まれるのではないでしょうか。
足音も手ざわりも心地よい本物の素材でつくる、心くばりに満ちた手しごとの家。さらに、風が通り抜け、光が射す、土の匂いも雨音も楽しむことのできる家。何の変哲もない豊かな毎日は、季節ごとの匂いや音、手ざわりにあふれる場所で、年々歳々、営まれていくのでしょう。
豊かな日常をつくるために、私たちはこれからも、本物の自然素材で家を作り続けます。

家を建てることが全てではない。
でも、建てるのであれば、必ずいい家を建てるべきだとおもう。

「家」とは単なる「モノ」ではありません。
便利さ以上に、身体が感じる心地よさと、心も満足する「いつもの暮らし」ができること。家族の思い出を積み重ね、住み継ぐことができる丈夫な家であること。さらに、地球環境や社会に負荷を与えない建築であること。
これらは、建築してからでは決して変えることのできない「素材」と「つくりかた」に大きく関わっています。

未来工房の家守り

〜家が完成してからはじまり、ずっと続くこと〜

ずっと快適な住まいであり続けるために

「ずっと快適な住まいのためには定期的なメンテナンスやお手入れが大事。未来工房の家づくりを一番よく知る当社のスタッフが、「我が家の完成」から定期的にご訪問いたします。直接お客様からお話をうかがい、現状をしっかり把握し対応いたします。

「家守り」定期点検

未来工房では1年、2年、5年、10年、20年目に定期点検を行い、家が存続する限り守り続けます。
※オーナーチェンジし、住む人が変わっても、未来工房の家を守り続けています。

家歴書

「家歴書は我が家の歴史です。 建物の概要、建築基準法や各保証の手続き等を記し、これに沿って維持管理計画を作成。 定期点検、必要に応じた修繕・補修を行い記録していきます。 家歴書は、次世代に住み継ぐ家、資産価値の評価に関わるとても大切なものです。
建物のこと、家が建ってからの維持管理の計画。修繕をしたらその記録も「家歴書」にあるので多数の書類の面倒な管理がありません。
世代が変わっても受け継いでいくことが出来るので、次世代に住み継いでもその家の状態・記録がすぐに把握できます。

メンテナンス教室の開催

自然素材の家は、素材それぞれの特徴を理解し、それに合わせたお手入れをすることが大切です。メンテナンス教室では、日頃のお手入れの手順や、道具の紹介を行います。

住まい人とつながるために

未来工房では家が建ってからも、ずっとお客様と繋がっていたいという想いがあります。 メンテナンス情報や住まい人の暮らしを伝える季刊誌の発行、イベントの開催など、お住まいになってからも住まい人への発信を続けています。
家が建ってからが本当のお付き合いの始まり。住まい人がずっと住み心地のいい我が家を維持していけるようサポートしていきます。

木槌
2222