完成
見学会

2020.04.30

スタッフブログ

《わたしの台所》の作り方 ~キッチンから始まる暮らし③~

《わたしの台所》の作り方、シリーズ第3回をお届けいたします。

1回目は、《わたし》にとって台所がどのような場所なのか、改めて考えました。

  4/20 《わたしの台所》の作り方①

  

  https://www.mirai-kohboh.co.jp/blogs/108

そして前回から、今のわたしと台所の関係について考えてきました。

  4/27 《わたしの台所》の作り方②

  

  https://www.mirai-kohboh.co.jp/blogs/109

今回は、《わたし》がどのくらいの時間台所にいるかを客観的に見ていきましょう。

平日のある一日のタイムスケジュールを、

 ①睡眠

 ②外出

 ③炊事(食事の準備~食事~片付けまで)

 ④洗濯(洗う~干す~たたむ)

 ⑤掃除

 ⑥くつろぎ(TV、読書など)

 ⑦その他

にざっくりと分けて円グラフに書き出してみてください。


円グラフを見て、

 A. ③の合計は何時間でしょうか?

 B. 家にいる時間のうち、睡眠時間を差し引くと何時間残っていますか?(24時間-②-①)


例のグラフでは、Aが2時間、Bが5.5時間ですので、

家にいるうちの4割近くの時間を台所(やダイニング)で過ごしていることになります。

中には、この割合がもっと大きくなる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

慌ただしく毎日を過ごしていると、その時間の長さはつい見落としてしまいがちですが、

平日家で過ごす時間は案外短く、そして台所にいる時間は案外長いことに気が付きます。


《わたしの台所》が居心地のよい場所になれば、億劫なことでもいつもより頑張れる台所に、

台所時間が苦でない人は、もっともっと楽しめる、そんな台所になるのではないかと思うのです。 


そんな《わたしの台所》に近づくために、次回は、台所の今の「満足・不満足」について考えてみましょう。



(インテリアコーディネーター 松延)