新型コロナウイルス感染拡大防止策実施について
福岡で自然素材の注文住宅をお考えなら、木の家づくりの【未来工房】へ


耐震構造の実験始まりました。

2020.11.13 スタッフブログ

日本各地で、あたりまえになってしまった大地震。
住む人にもっと安心してもらいたい、もっと安全にながく住み継いでほしい。

そんな思いから、未来工房のお家をさらに強くするための構造試験を、
九州職業能力開発大学校と共同で行っています。


(九州能力開発大学校の生徒さんと試験体を解体する様子)



実は、「無垢の木で強くする」構造試験は、前例があまりありません。
なぜなら、「合板」や「集成材」をつかえば、簡単に耐力をあげることができるからです。
それは「数値をとりたいがために、無垢の木をあきらめた」という会社もあるほど。


ですが未来工房は、「無垢の木で」長く住み継げる強い家をつくりたい、と考えています。
それは、住む人の健康や、心豊かで心地のいい暮らしには、無垢の木はかかせない。
ずーっと先の未来に残っていくものだから、「工業製品があたりまえ」のお家にはしたくない。
そんな思いがあるからです。


(九州能力開発大学校で破壊試験の様子)


とても難しい挑戦ではありますが、たくさんの方にご協力をいただきながら、
社員一同、力をあわせて、第一回目の構造試験を行うことができました。
目標としていた以上の数値も確認することができ、新しい発見もありましたので、
次の試験に向けてどんどん準備をすすめています。

 

未来工房の、「もっともっと」の家づくりは、まだまだ続きます!